LGWAN リモートアクセスサービス

SYNERGYの「LGWANリモートアクセスサービス」は、全国で唯一地方公共団体情報システム機構(J-LIS)の承認を受けたLGWAN-ASP利用モデルのリモートワークサービスです。

自治体でのリモートワークが進んでいない現状があります

自治体での業務環境は行政独自の閉域網 「LGWAN」 内にあるため、インターネット経由でアクセスできません。リモートワーク(テレワーク)を行いたくてもできない状況がありました。
手段がないわけではないですが…。

  • LGWAN接続の手段として、閉域SIM、VDIの導入は高コスト
  • 在宅勤務を行おうにも、個人情報が入ったノートパソコンは庁外への持ち出し禁止
リモートワーク
リモートワーク

LGWANリモートアクセスサービス の利用で解決できます

場所にとらわれず、出張先や自宅から業務ができます。
  • 出張先から、自分のパソコンのローカルにある資料や、庁内のファイルサーバの資料を確認することができます。
  • 豪雨・台風などで自宅待機。出勤できなくても業務を継続できます。
  • 静かなリラックスできる環境で、集中して作業。生産性の向上に繋げられます。
LGWANリモートワーク

育児中や介護中の職員が働きやすくなります。
自治体テレワーク
  • 育児や介護で就労をあきらめていた方にも。
  • 障がいを持つ方々の雇用促進に繋げられます。
  • 柔軟な働き方が実現することで、優秀な人材の確保が期待できます。
LGWANテレワーク

通勤時間が不要になり、時間の有効活用が可能になります。
  • 満員電車などの通勤の負担がなくなり、ゆとりを持って業務を行うことができます。
  • ストレスの軽減や運動などの時間を確保することで、健康増進が実現します。
  • 自由な時間が増えます。家族とのふれあい、趣味、資格勉強など、ワークライフバランスの充実に繋げられます。
リモートワーク

LGWANリモートアクセスの効果はその他にも

  • LGWAN-ASP利用のサービスでは、低コストでの導入が可能です
  • 職員様の感染症リスクの軽減に繋げられます
  • 障がい者雇用促進に寄与します
  • 集中できる環境で業務の効率化を図れます
  • 災害時の復旧対応等にも役立ちます

テレワーク方式についての国の意向

総務省はテレワークの方式としてLGWAN-ASP利用モデルを推奨しています。
団体の規模により必要な量のサービス提供を受けることができない場合等は、LGWAN-ASPと同等のセキュリティの確保を前提に、インターネット接続系を経由してLGWAN接続系の端末にアクセスするモデルについても利用できることとする、としています。

引用: 引用:総務省 “ 新型コロナウィルスへの対応等を踏まえたLGWAN接続系のテレワークセキュリティ要件について ”より
J-LIS承認

LGWAN-ASPコード:A831188

「LGWAN リモートアクセスサービス」の機能

インターネット回線から弊社のデータセンターを経由しLGWANへ接続。庁内で使用しているご自分のパソコンを操作することができます。

LGWANリモートワーク

ブラウザのタブ内に画面転送

ブラウザにURLを入力し、ログイン画面でID・パスワードに加えワンタイムパスワードを入力することでアクセス。ブラウザのタブ画面に庁内パソコンのデスクトップが表示されます。

画面転送・リモートデスクトップ

タブ内に画面を転送。その中でキーボード・マウス操作が可能になり、庁内パソコンでの作業を遠隔から行うことができます。
操作側パソコンには庁内パソコンの画面を表示しているだけですので、操作側にファイルのダウンロードや、庁内側へのアップロードをすることはできません。 庁内パソコンのみで作業は完結し、情報漏洩を懸念することなく、リモートワークが実現します。※端末のセキュリティー対策は必要です。

主な機能

  • 貸与された端末や個人の端末とインターネット環境があればリモートアクセスが可能に。
  • 1台5分~10分程度。庁内PCにツールのインストールを行うことで使用することができます
  • Google ChromeまたはMicrosoft Edgeなど、HTML5対応ブラウザで操作可能です
  • ワンタイムパスワードは、お手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードしていただき、それを用いて発行します
  • インターネット間の接続は暗号化され情報漏洩の恐れはありません。また操作しているクライアント端末にファイルなどのダウンロードはできません
  • アクセス中の庁舎内端末の画面はロックされ、外部から確認することができない仕様です

サービス資料

動画で見る

スライドで見る

庁内共有・決裁用にお使いください

トライアル受付中です

2020年9月30日にJ-LIS承認を受け、多くの自治体様でトライアル実証中です。
トライアルをご希望の自治体様はお問い合わせフォームからお申込みください。
※トライアルは5アカウント以内でのご案内となります。

無料トライアル

よくある質問

サービス全般

Windows以外のOS端末には対応しておりません。ご利用になれる端末環境は以下です。
・庁内端末… OS:Windows 10 pro 以上
・庁外端末… OS:Windows 10 pro 推奨。ブラウザ:HTML5対応のGoogle Chrome、Microsoft Edge(Chromium版)

Load More

Load More

サポート窓口を設けています。メールや電話、WEB会議ツールなどで対応させて頂いております。(平日9:00~17:00)

Load More

質問カテゴリーに戻る

契約・料金

トークンカード発行に関する費用は見積もりに含まれていません。弊社のリモートアクセスサービスではスマートフォンアプリからのパスコード取得を推奨しています。トークンカードをご利用の場合は別途カード費用、カードとの認証など費用を別途お出し致します。

Load More

サービスを提供する際に必要なセキュリティ環境を担保するため、インターネット環境から接続可能な端末台数は1ライセンスにつき1台に限定しています。その為、原則として庁内端末1台につき1ライセンスとなり、端末の数によってライセンス数が変動する形となります。

Load More

Load More

質問カテゴリーに戻る

導入

自治体様のLGWANルーターの設定にもよりますが、庁内からLGWAN出る通信に443ポートが許可されていれば、設定変更の必要はありません。

Load More

庁舎側端末の設定はSSL-VPN通信を行うための設定作業がございます。手順書をご用意していますので、職員様でも設定頂く事が可能です。弊社でも設定のレクチャーをさせて頂きます。1台あたりの設定は概ね5分~10分程度です。

Load More

概ね1,2カ月と考えております。お客様の規模により構築期間が変動する場合があります。

Load More

質問カテゴリーに戻る

機能・動作環境

Load More

LGWANネットワークに有線、無線、どちらでも繋がっていれば違いはありません。

Load More

Internet Explorerは利用できません。アクセスに用いるブラウザは、HTML5対応のGoogleChromeまたは最新のMicrosoftEdgeとなります。

Load More

Load More

クライアント側の職員様所持のスマートフォンにワンタイムパスワード発行用のアプリをインストールしていただき、パスワードを発行します。初回登録時は、スマートフォンでQRコードを読み込み、その後はアプリを立ち上げてワンタイムパスワードを発行します。導入時には手順書をご用意しています。

Load More

質問カテゴリーに戻る

その他

無料トライアルを実施中です。弊社ホームページより無料トライアルのお申込みを頂き、トライアルの中で回線の確認が可能です。

Load More

Load More

画面転送や多要素認証、SSL暗号化でセキュリティを担保しております。

Load More

セキュリティ管理ソフトウェアのPC操作ログ管理でログを取得し、操作時間等を確認することができます。(別途セキュリティ管理ソフトウェアのご案内となり、別途御見積となります)

Load More

庁内端末へはSSL-VPN用ソフトのインストールが必要です。クライアント端末にはChromeやMicrosoft Edge等のHTML5対応のブラウザが必要です。

Load More

5アカウント以内のご案内となります。お申し込みの際にアカウント数をお知らせください。

Load More

質問カテゴリーに戻る

見積/トライアル依頼・お問い合わせ

LGWAN関連での新しいサービスですので、イメージが湧きづらいこともあると思います。
「導入費用を見て考えたい」
「不明な点がある」
「まずは試してみて検討したい」
などお気軽にお問い合わせください。原則3営業日以内に返答いたします。

お電話でのお問い合わせはこちら
098-988-0184平日9:00~17:00
本社 リモートサービス担当まで